ACTIVITY EXAMPLE
基金活用事例

小中学校における日本語指導推進事業(基金活用額:1,295万円)

令和3年度

十分な日本語指導を受けられていない児童生徒が在籍する市町村(政令市・中核市のぞく)及び小中学校への日本語指導スーパーバイザーの訪問や、夜間中学の外国籍生徒等への個別指導や授業での支援を行う日本語指導支援員の配置、外国人児童生徒等の学習面・生活面のさまざまな悩みの相談に対応する外国人児童生徒支援員の配置により、日本語指導が必要なすべての児童生徒が安心して学びに向かうことができる学習環境の整備・構築を推進します。