駆ける学生たちのキービジュアル
ACTIVITY EXAMPLE

基金活用事例

大阪教育ゆめ基金は、広く府内外の個人や企業の皆様からご寄附を賜り、
多くの方々のご協力によって支えられる基金となっています。
皆様から頂いたご寄附を次のような事業に活用しています。
YEAR
  • 愛さつOSAKA展開事業(「こころの再生」府民運動)(基金活用額:487 万円)

    令和2年度

    「あいさつ運動」では、のぼりを立て、地域や保護者の方にあいさつの大切さを呼びかけ、「こころの再生」府民運動の広報・啓発を行っています。

  • スポーツ指導・体力向上支援推進事業(基金活用額:5万円)

    令和2年度

    大阪の子どもたち(小学生)の心身の健やかな成長や体力の向上、運動習慣の定着を図るためスポーツイベントを企画しました。

  • 子ども読書活動環境整備事業(基金活用額:23 万円)
    子ども読書活動環境整備事業(基金活用額:23 万円)

    令和2年度

    子どもたちが本に親しむきっかけを作るとともに、作家との交流を通じてより深く読書に興味・関心を高めることを目的に、オーサービジット事業を実施しました。

  • 家庭教育力向上事業 (基金活用額:49 万円)
    家庭教育力向上事業 (基金活用額:49 万円)

    令和2年度

    子どもの「未来に向かう力(非認知能力)」育成に向け、子育て講演会や講座等で育成のポイントなどを伝える取組みを、府内の2市でモデル実施しました。

  • 英語教育推進事業 (基金活用額:24 万円)

    令和2年度

    府立高等学校の生徒がグローバルな視点で社会課題を解決する力を身に付けることを目的に、海外の大学生とオンライン交流を行いました。