駆ける学生たちのキービジュアル
ACTIVITY EXAMPLE

基金活用事例

大阪教育ゆめ基金は、広く府内外の個人や企業の皆様からご寄附を賜り、
多くの方々のご協力によって支えられる基金となっています。
皆様から頂いたご寄附を次のような事業に活用しています。
YEAR
  • 愛さつOSAKA展開事業(「こころの再生」府民運動)(基金活用額:400万円)

    令和4年度

    「こころの再生」府民運動で呼びかけている「あいさつ」の普及に向けて、のぼりやビブス等を府立学校や府内の市町村立小中学校・義務教育学校・支援学校、私立学校に配付し、学校で行う「あいさつ運動」等に役立ててもらいます。また、優..

  • 子ども読書活動環境整備事業(基金活用額:406万円)

    令和4年度

    子どもたちが本に親しむきっかけを作るため、作家(オーサー)が学校園等を訪問(ビジット)し、子どもたちにワークショップやお話をしていただく、オーサービジット事業を実施します。 また、読書から遠ざかりがちな中高生が魅力的な本..

  • 英語教育推進事業(基金活用額:64万円)

    令和4年度

    府立高校の生徒すべてが英語の4技能をバランスよく身に付け、主体的、自律的に英語を用いてコミュニケーションを図ろうとする意欲や態度が向上することをめざし、すべての英語教員の指導力向上のための取組みや、生徒の目標に応じた支援..

  • 小中学校における日本語指導推進事業(基金活用額:864万円)
    小中学校における日本語指導推進事業(基金活用額:864万円)

    令和4年度

    少数散在している学校に在籍する、日本語指導が十分に受けられていない児童生徒に対して、オンラインを活用した日本語指導を新たに実施することで、日本語指導が必要なすべての児童生徒が安心して学びに向かうことができる学習環境の整備..